アダラートは侮れない

アダラートは、血圧を下げる作用があり、高血圧や狭心症の治療にも使われるお薬です。アダラートは血圧を下げる効果がありますが注意も必要なのでいろいろと侮れません。

アダラートは侮れない

アダラートとカルシウムの関係

高血圧や狭心症、心筋梗塞の患者に対して血圧をさげるために投与される薬の一つに「アダラート」と呼ばれるものがあります。このアダラートの有効成分であるニフェジピンは、医薬品の中では「カルシウム拮抗薬」と呼ばれています。
カルシウムは人間をはじめとする動物の骨や歯の形成に関与する重要な物質ですが、血管の拡張と収縮の働きにも関与する物質でもあります。血管壁の細胞膜上にはカルシウムチャネルと呼ばれるカルシウムイオンの流入口があり、ここからカルシウムイオンが細胞内に入り込むと細胞の収縮、つまり血管の収縮がはじまります。これ自体は非常に重要な働きですが、高血圧の患者は食生活や生活習慣の乱れなどにより、血管壁にある細胞膜が異常をきたした状態になっています。ニフェジピンをはじめとするカルシウム拮抗薬は、体内に入るとカルシウムチャネルと結合して入り口を塞ぐ作用があり、これによってカルシウムイオンの流入が抑制され、血管の拡張が起こるようになります。血管が拡張されると、圧力が開放されるため血液の循環がすすむようになり、高血圧の患者の血圧は徐々に低下していきます。
アダラートのようなカルシウム拮抗薬は、その名称からカルシウムの量を調整する薬なのではないかと思われがちですが、これは誤りです。カルシウム拮抗薬は、血管壁の細胞内にカルシウムイオンが流入するのを阻害する薬であり、カルシウムに直接働きかける薬ではありません。そのため、カルシウム拮抗薬という名称も本来であれば誤りとなるので「カルシウムチャネル遮断薬」などという名称に正すべきですが、開発された経緯や医薬品として取り扱いが始まった後の普及度などから、現在でもカルシウム拮抗薬という名称が使用され続けています。