アダラートは、血圧を下げる作用があり、高血圧や狭心症の治療にも使われるお薬です。アダラートは血圧を下げる効果がありますが注意も必要なのでいろいろと侮れません。

2017年03月の記事一覧

アダラートを使う人なら考慮したい指圧と無呼吸症

アダラートで降圧治療を行うのは高血圧になってしまった人の治療方針として一般的なものです。高血圧になってしまう原因は判然としないケースが多く、原因不明の本態性高血圧として生活習慣の全般的な改善を基本方針とするのが通常となっています。アダラートを使用するのは血圧管理のためであり、それとは別に原因を探りながら解決していかなければならないのです。現代社会において多くなっている原因の一つがストレスであり、心当たりのある人は指圧を利用してみるのが解決策の候補となります。
指圧を受けると心身ともにリラックスできてストレスによる身体の緊張をほぐすことができるのがメリットです。指圧によって血流を向上させられる要因の一つは身体中のコリをほぐせる点にあります。筋肉が硬直してしまっていると物理的に血管が圧迫されてしまって血流が悪くなってしまうのです。ストレスによる緊張はさらにそれに拍車をかけ、血管を取り巻く平滑筋を収縮させて血管を細くしてしまう要因になります。ストレスを受けているとこのような状態になりがちですが、指圧を受けると両者が同時に改善されて血液が流れやすくなり、血圧が低下すると期待できるのです。
ストレスの蓄積が睡眠時に無呼吸症を引き起こすのも現代において多いトラブルです。睡眠時無呼吸症候群は睡眠を取っているつもりでも呼吸ができていない状況になってしまっているものであり、眠ったつもりが疲れがとれていないという実感を伴いやすい病気となっています。それがストレスになっていたり、睡眠中の臓器の修復を妨げていたりする場合が多々あるのが現状です。指圧によって無呼吸症の改善も期待できるため、眠っても疲れがとれていない印象が強い人は指圧を受けてみると良いでしょう。

続きを読む